やりすぎくらいがちょうど良い

登山とキャンプとフライフィッシングと

スポンサーリンク
MENU

【ヤマメ釣り】友人と米子市日野川へ

土曜日の昼下がり、漫画を読んでいると友人から電話があった。

友人のヤス(あだ名)貴様らに笑みなど似合わない、とか言わない

友人のヤスからであった。
彼は中学時代からの友人であり、仕事仲間であり、何といっても釣り仲間である。
友人ではあるが、2~3年会わなかったり、かと思えば一緒に北海道にイトウ釣りに行ったりする等、すごく仲良いのかそうでもないのか、そんな感じの友人関係である。

今回も、2年振りの電話であった。

俺 契約対価は「ハンバーガーを食べること」

ヤマメ釣りの誘いであった。
ここで会話をよく見て欲しい。
ヤスは明日の「午前3時」に集合と平然と言ってくるのだ。
普通の人なら躊躇するかもだが、俺はというと・・

ってな感じで明日釣りに行くことになった。
俺とヤスの釣りは、だいたいこういう日程である。
都合が合わない場合は、もちろん断るが。

そして当日。
2人とも寝坊した(笑)
ヤスは15分遅れでファミマに着き、俺は30分遅れでファミマに着いた。
これも想定内だ。
そもそも、休日は午前8時頃起きる男が、午前3時にファミマに行けるハズがないのだ。

手に持ってるのはファミマで買った朝飯である

いつもの茶番を行い、車で日野川上流へ行く。
松江からだと1時間半ほどかかった。
釣れそうなポイントは、先週の土曜に河川全域にわたってヤスが調べていた。

ヤスは既婚者であり、子供が2人いる(ちなみに俺は彼の結婚式に出席した)

 


そんなこんなで、釣り開始。
しかし・・・
まぁいつも通り、なかなか釣れず。

天気は快晴。気持ち良い。

釣れそうな川なんだがな

車で多くのポイントを探る

フライにアタックは無かった

そして、最後の最後に、ヤスが1匹のヤマメ(24cm)を釣り上げて終了した。
俺はボウズってやつだ。
ヤスと釣りに行くと、70%位はこんな釣果である。
全く釣れないか、あるいはデカいのが釣れるか。ギャンブル性の高い釣りである。
だいたいこんなカンジだが、彼と北海道に行った時はすごかった。
幻の巨大魚イトウを、マジで釣ってしまったのだ。俺も大物を釣ったし、こういうことがあるから、釣りってやめられない。
(ちなみに俺もヤスも、大の競馬好きである)

たぶん、ジジイになっても、ヤスとは釣りに行ってる気がする。
こういうハチャメチャな仲間がいるのは、幸運なことなんだろうな。
疲れて眠いけど。

北海道に行った時の写真。2人ともイトウが釣れたのではしゃいでいる。

 

 

 

積みプラが・・・

いよいよ積みプラが天井を越しそうな勢いだ。

f:id:KSNsenpai:20220319200248j:plain

 

今日は、なじみのプラモ屋「ホビーショップウエスト」に行った。

目的は「ピンセット」と「マークソフター」の購入だ。

最近毎週プラモ屋に行っている。

もはや常連であると言えよう。

 

f:id:KSNsenpai:20220319201727p:plain

   俺

f:id:KSNsenpai:20220319201840p:plain

  女店主(シスター)

このお店では工具類はレジ奥に陳列されており、申告しなければ買うことが出来ない仕様となっている。単に陳列するスペースが無いんだろう。

 

予定通り「ピンセット」と「マークソフター」を買った。

f:id:KSNsenpai:20220319202418j:plain

 

 

そして、案の定・・・

f:id:KSNsenpai:20220319202722j:plain

上記2点を購入した。

積みプラが階層を増した、という訳だ。

 

 

 

・・・・。

さて、天井に届く前に、作らなきゃな・・・。

f:id:KSNsenpai:20220319203330j:plain

f:id:KSNsenpai:20220319203405j:plain

f:id:KSNsenpai:20220319203417j:plain

ねんどろいど達「・・はよう作れや」

 

しかしそのくせ、「痛リール」を作成している俺がいる⇓。

f:id:KSNsenpai:20220319203756j:plain

分解したはいいが、また組み上げるのが面倒だ。。

f:id:KSNsenpai:20220319203915j:plain

初めてなんで、まずはこんなもんです。

 

興味持ったことには、何にでも手を出しちゃう性分なので厄介である。

まぁ、楽しいからいいんだけど。

今週は釣りにも行くし、う~~ん、なかなか進まなさそうだな。

女性活躍社会~プラモ屋(個人経営)の場合~

積みプラ(作らず家の中で放置されているプラモデル)がいよいよ無視できないレベルになってきた・・・

f:id:KSNsenpai:20220215002115j:plain

 

つーことで、プラモ作成時に使うカッティングマットとスプレーを買いに行った。

 

まず、鳥取県倉吉市の「ホビーショップねねね」に足を運んだ。

f:id:KSNsenpai:20220206201017j:plain

ホビーショップねねね

 

f:id:KSNsenpai:20220316095732p:plain

   俺

f:id:KSNsenpai:20220316100235p:plain

   店員さん

 

今日はいつもの店主のオヤジではなく、店主の娘さん(たぶん)が店番をしていた。

この店での目的はカッティングマットの購入だ。

 

f:id:KSNsenpai:20220316100714p:plain

f:id:KSNsenpai:20220316101002p:plain

 

店員さんは倉庫まで探しに行ってくれた。

そして数分後・・・

 

f:id:KSNsenpai:20220316101515p:plain

f:id:KSNsenpai:20220316101853p:plain

f:id:KSNsenpai:20220316102051p:plain

 

カッティングマットは売り切れであった。

そして俺は、何故かまたガンプラを買ってしまった。

今回購入したのは「HGザクⅠ(デニム/スレンダー機)」だ。

・・・・。

 

次は、松江に戻って「ホビーショップウエスト」に行った。

f:id:KSNsenpai:20220214231844j:plain

ホビーショップウエス

 

f:id:KSNsenpai:20220214231148p:plain

   俺

f:id:KSNsenpai:20220316104341p:plain

   店員さん

 

こちらの店もいつもの女店主(シスター)ではなく、店主の娘さん(たぶん)が店番をしていた。

店内を物色していると・・・

 

f:id:KSNsenpai:20220316104837p:plain

f:id:KSNsenpai:20220316105021p:plain

f:id:KSNsenpai:20220316105205p:plain

 

母子の愛らしい会話であった。

てか昼からすき焼きってヘビーだな(笑)

カッティングマットもスプレーもあったし、早めに出るか。

家族団らんを邪魔してもいけないし。

 

f:id:KSNsenpai:20220316105647p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220316105815p:plain

 

カッティングマットを入手したので、近いうちにプラモ作成に取り掛かろうと思う。

ブログで「作る宣言」でもしないと、一生作りそうにないからな・・・

 

今回購入したカッティングマット。厚さが3mmもありとても丈夫だ。

 

今日はなんつーか、プラモのマンガとかに出てくる女性店員(こういうのプラモ女子っていうのか?)をリアルで見たかんじだった。

 

話は変わるが、島根県鳥取県は働いている女性の割合や夫婦共働きの世帯割合が非常に高い。都道府県別の女性の生産年齢(15 歳~64 歳)の労働力率をみると、島根県が 74.6%と最も高く、鳥取県も 73.4%と高水準である。また、女性の子育て世代(25~44 歳)の労働力率をみると、島根県が 85.3%と最も高く、鳥取県 も84.2%である。(総務省国勢調査」(平成 27 年)より)

 

鳥取と島根のプラモ屋を巡って、ふと、島根県が提唱する「女性活躍社会」ってやつを思い出したのだった。

 

しかし最近はよくプラモ屋に行く。

今は手軽に通販でポチれば買える時代だけど、自分はプラモ屋のあの雰囲気が大好きなので、多少遠くてもお店に行って買うようにしている。

もはや、プラモ屋の雰囲気に金を出しているようなものだ(笑)

自分にとって、個人経営のプラモ屋は”文化遺産”だと思ってる。

これからも大切にしていきたい。

そろそろ異動の時期~遠隔地発表~

島根県は3月中に異動の内示が出る。

3月上旬に遠隔地内示、3月中旬に正式な内示といった流れで内示が出される。

島根県は東西に長いので遠隔地内示というものがある(他の県もあるのかな)。

松江、安来、出雲、雲南市エリアでの勤務を東部勤務、大田市、川本町、江津市浜田市益田市での勤務を西部勤務、そして隠岐諸島での勤務を離島勤務、と呼び、例えば、東部から西部に異動となった場合は遠隔地勤務に当たり、早めに内示が出されるという訳だ。

3/3にその遠隔地勤務の発表があった。

異動のスパンは基本的に「3年」であり、たまに「2年」や「4年」になる人がいるといった感じだ。

この日も、3年目の人が呼ばれるんだろうなと思っていた。

 

f:id:KSNsenpai:20220306164311p:plain

  偉い人

f:id:KSNsenpai:20220306164541p:plain

課のみんな

f:id:KSNsenpai:20220306164745p:plain

 

順当に3年目の人たちが呼ばれていった。

しかし・・・

 

f:id:KSNsenpai:20220306165609p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220306165757p:plain

村岡さん(仮名)

 

なんと、隣りのグループの村岡さん(仮名)が呼ばれてしまった。

彼はまだ2年目である。

しかも・・・

 

f:id:KSNsenpai:20220306170044p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220306170413p:plain

 

カイジだったら「ぐにゃ~」と擬音が付きそうな感じだった。

まぁ、上のAAほど落胆はしていなかったが、2年目異動でしかも隠岐とはエグいことをするもんだ。

村岡さんよりも、俺や隣りのグループの落胆ぶりが大きかった。

村岡さんは隣りのグループの言わばエースであり、俺も色々と助けられたことがある。

来年、村岡さん抜きで仕事が回るのか?

次に来る人次第だが、今よりは確実に戦力ダウンといったところだろう。

 

f:id:KSNsenpai:20220306171657p:plain

後輩の三好(こいつも隠岐に異動した経験がある)

f:id:KSNsenpai:20220306172050p:plain

   俺

f:id:KSNsenpai:20220306172240p:plain

 

最近、2年目の異動が普通になってきている感がある。

すぐに異動があると、残された方が大変なんだよな。

次の人への説明とか、再度の人間関係の構築が、地味に大変なんだ。

さて、次は誰が来るのかな。

毎年のことだが、この時期はそわそわしてしまうね。

馴染みの店へ~ダラダラ出来る散髪屋~

髪が伸びてきたので、いつもの散髪屋に行った。

月に一回、俺は馴染みの店で髪を切ってもらっている。

 

f:id:KSNsenpai:20220222225808p:plain

  俺

f:id:KSNsenpai:20220301222809p:plain

   散髪屋 店主

 

散髪屋の店主である。

名前は、化野(あだしの)氏(仮名)としておこう。

年齢は俺より2歳年上である。(30代中頃)

今まで、俺は色々な散髪屋に行ったが、最終的にここに落ち着いた。

今までの散髪屋はどうも気分が落ち着かず、散髪中の会話がめんどくさく、おまけにけっこうな金額を取られていた。

しかしこの化野氏のお店は、化野氏が1人で切り盛りしており、散髪中は特に会話をしなくてもよく(俺も店主もどちらかと言えば陰キャ(笑))、話したら話したで割と盛り上がる。

この散髪屋は俺にとってすごくリラックスできる空間なのだ。

さらに普通のお店よりリーズナブルな価格設定であり、店主の腕前も普通に良い。

 

f:id:KSNsenpai:20220301222959p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220301223304p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220301223506p:plain

 

散髪開始・・・

なんか今日は化野氏と色々話した。

 

○ロシアのウクライナ侵攻について

f:id:KSNsenpai:20220301224257p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301224449p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301224641p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301224756p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301224856p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301225042p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301225227p:plain

 

○今日行ってきた冬山について

実は前の記事の「烏ヶ山冬山登山~無念の撤退~」とこの日は同日であり、俺は午前中に冬山登山をし、松江市に帰ってから、夕方散髪に行ったという流れだ。

f:id:KSNsenpai:20220301225754p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301230121p:plain

f:id:KSNsenpai:20220227154005j:plain

f:id:KSNsenpai:20220227153629p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301230444p:plain

 

○久々に「ゴジラシリーズ」見たい化野先輩

f:id:KSNsenpai:20220301230903p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301231150p:plain

f:id:KSNsenpai:20220301231453p:plain

 

あーだこーだ話していたら、いつの間にか散髪は終わっていた。

 

俺には少し年上の先輩が少ないので、化野先輩は色々と話が出来る貴重な先輩でもある。

 

それにしても、俺はなんか個人経営のお店が好きだなー。

 

今日は運動(登山)して、頭もサッパリして、気持ち良い1日でした。

烏ヶ山冬山登山~無念の撤退~

今週は山陰地方で割と雪が降っており、土曜日は晴れの予報だったので大山の”鳥ヶ山(からすがせん)”での冬山登山を計画した。

今回も後輩の金井(あだ名)と一緒に登る。

当日は午前5時に起き、松江から高速に乗り、約2時間弱でふもとの鏡ヶ成スキー場に到着した。

 

f:id:KSNsenpai:20220227143916p:plain

 俺(登山中はだいたいこんな感じ)

 

f:id:KSNsenpai:20220227144422p:plain

金井(ストイックな登山家)

 

俺も金井も下界で日夜修業(筋トレやジョギング)をしているので、烏ヶ山冬山登山に不測は無いはずだ。

今回のコースは下記のとおり。

f:id:KSNsenpai:20220227144745j:plain

 

午前8時過ぎ、鏡ヶ成スキー場を出発。

少し歩いてから、道路が冬季閉鎖されている冬山の入口に着いた。

しかし問題発生。

 

f:id:KSNsenpai:20220227145642p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220227145852p:plain



俺はアイゼンは持ってきたが、スノーシューは準備していなかった。

というかそもそも持っていなかった。

スノーシューとは、雪の上を歩くとき、足が深く沈まないようにサポートしてくれるお役立ちアイテムだ。

フレームが大きく、雪との接地面が広く、浮力が高いため、ふわふわの雪でもスムーズに歩けるのが長所である。

硬く締まった雪の上や急斜面を歩くときはアイゼンが有効だが、雪深い平坦な場所や、緩斜面のフィールドでの歩行にはスノーシューが機動力を発揮する。

つまり、今回のような人があまり歩いていない、柔らかい状態の雪の上を歩く時は、アイゼンではなくスノーシューが必須であると言える。

 

スノーシュー(トレッキングポールもあった方が良い)

 

・・・まぁ、無いものは仕方がないので、俺はアイゼンを装着し歩き始めた。

幸い、先行者がいるようで、道が出来ており雪が踏み固められていたため、アイゼンでも歩くことが出来た。時々ハマってしまうが。

 

f:id:KSNsenpai:20220227151554j:plain

”山陰のマッターホルン”烏ヶ山、あそこを目指す

f:id:KSNsenpai:20220227151839j:plain

やる気満々の金井

f:id:KSNsenpai:20220227151919j:plain

雪は2m以上積もっている

f:id:KSNsenpai:20220227152048j:plain

めっちゃ青空。スーパー冬山日和。

f:id:KSNsenpai:20220227152200j:plain

雪道を往く。⇧このようにスノーシューで歩きましょう

 

平坦な道はある程度踏み固められているのでアイゼンでも歩けたが、山の勾配が急になるにつれて足が雪にハマりやすくなり、体力がじわじわと削られていくのが分かる。

 

 

f:id:KSNsenpai:20220227161354p:plain

 

 

あと30分ほどで頂上に着くところで、俺から金井に一言。

 

f:id:KSNsenpai:20220227153629p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220227153826p:plain

 

という訳で珍しく撤退。降りたらスノーシュー買おう。

 

f:id:KSNsenpai:20220227154104j:plain

脚が雪にハマり、アイゼンに雪がこびり着くことによって非常に歩きづらくなる

f:id:KSNsenpai:20220227154005j:plain

頂上手前での無残な俺の姿。上のAAと完全一致である(笑)

f:id:KSNsenpai:20220227154553j:plain

頂上には行けなかったけど景色は最高でした

f:id:KSNsenpai:20220227154659j:plain

f:id:KSNsenpai:20220227154746j:plain

f:id:KSNsenpai:20220227154829j:plain

f:id:KSNsenpai:20220227154944j:plain

f:id:KSNsenpai:20220227155028j:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220227155135j:plain

午前11時前、鏡ヶ成スキー場駐車場に着く。下山完了。

烏ヶ山を見ながら昼食を食べた。

さて、スノーシュー買いに行くか。

 

○おまけ

烏ヶ山の山の神(イメージ)

f:id:KSNsenpai:20220227202713p:plain

神「初めてですよ…私をここまでコケにしたおバカさんたちは…」

 

”スタンド使い”は”スタンド使い”にひかれ合う

久々にマッサージ屋さんに行った。

俺は通年肩がこっている。異常にこっている。

マッサージ師をして「これはもうどうしようもない」と言わせしめるほどに・・

仕事のメインが事務作業であり、常にパソコンと向き合っているからだろうか。

 

そういう訳で、なじみのマッサージ屋に月イチ位で通っている。

 

f:id:KSNsenpai:20220222225808p:plain

      俺

f:id:KSNsenpai:20220222230129p:plain

    マッサージ屋 店主

 

マッサージ屋の女店主である。

名前は、淡幽(たんゆう)氏(仮名)としておこう。

年齢は30代後半といったところか。

今まで、俺は色々な所のマッサージ屋に行ったが、最終的にここに落ち着いた。

今までのマッサージ屋はどうも肩のこりがとれたかどうかよく分からない感じ(まぁ俺のこりがひどすぎるのかもしれないが)だったが、この淡幽氏のマッサージは、こりがとれたのが実にハッキリ分かる。

施術前後で、気分が大違いだ。施術後は非常に気分が晴れやかになる。

さらに俺の身体のこっている部分がだいたい分かるようであり、気持ち良い施術をしてくれる。

おまけに美人だ。

 

f:id:KSNsenpai:20220222232555p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220222233116p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220222233550p:plain

 

施術開始・・・

あぁ・・気持ち良すぎて寝そうになるぜ・・

いっそ寝るか、と思っていると、淡幽氏が話しかけてきた。

 

f:id:KSNsenpai:20220222234516p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220222234847p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220222235306p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220222235554p:plain

 

ここで、竹内洋岳について解説する。

祖父の手ほどきで、幼少より登山スキーを始め、高校、大学の山岳部で国内の登山の経験を積み、20歳で初めての8000m峰登山を経験した。

1995年日本山岳会隊に参加して、マカルー(8,463m)東稜下部より登頂し、初めて8000m峰を登頂する。翌1996年には、エベレスト(8,848m)とK2(8611m)に連続登頂し、その後8000m峰を専門に登山活動を展開する。

2001年以降は、各国の登山家と少人数の国際隊を組み、酸素シェルパを使用しない軽量装備でスピーディに高峰への登頂を行う速攻登山で複数の8000m峰を登頂している。竹内は、このような登頂方法をHAM(High Altitude Marathon、超高所耐久登山)と呼称している。

2007年パキスタンガッシャーブルムII峰(8,035m)で雪崩に巻き込まれ、腰椎破裂骨折の重傷を負う。当初、救助は不可能と思われたが、各国登山隊のレスキューで奇跡的に生還した。帰国後に背骨にチタンシャフトを埋め込む手術を受け、もう登山への復帰は絶望的と言われながらも、リハビリにより、1年後には、事故のあったガッシャーブルムII峰へ再び挑み登頂を果たし、ブロード・ピーク(8,047m)への継続登山にも成功した。

その後も8000m峰全14座制覇を目指し登山を続け、2012年5月26日に最後の1座となっていたダウラギリへの登頂に成功し、全14座の登頂を成し遂げた。これは名塚秀二山田昇らの9座を上回る日本人最多記録であり、日本人初の8000m峰全14座登頂者である。8000m峰11座への無酸素登頂も、日本人最多記録である。(ウィキペディアより抜粋)


www.youtube.com

竹内洋岳氏の活躍

 

そんな知り合いがいるなんて、淡幽氏もスゲェな。

 

f:id:KSNsenpai:20220223002915p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220223003529p:plain

 

f:id:KSNsenpai:20220223003941p:plain

 

マッサージ屋を女手一つで経営し、凄腕のマッサージ師である淡幽氏も、俺にとっては中々ブッとんでる凄い人だと思うが・・・

まぁ、アレだな、これは、”「スタンド使い」は「スタンド使い」にひかれ合う”ってやつだな。

似た者同士は、何故か引きつけられる運命にあると俺は思うんだ。

俺がこの店に何故か引きつけられたのも、偶然ではないだろう。

 

施術が終了し、今日も気分爽快だ。

 

また、仕事や登山で身体が疲れたら、淡幽氏のマッサージ屋に行こう。